犬がご飯を食べないのは病気?

犬が水をよく飲む場合は、何かしらの病気にかかっている可能性があります。

考えられる病気としては、以下のようなものです。
  • 糖尿病
  • クッシング症候群
  • 尿崩症
  • 慢性腎不全

糖尿病と聞くと人間がなるイメージが強いですが、犬もなることがありますし、増加傾向にあります。

糖尿病になると糖分を排出するためにオシッコをする回数が増えるので、水分を多く摂取するようになるでしょう。

犬の糖尿病にも、人間同様に、食生活の乱れや運動不足、ストレスなどが大きく関係しています。

クッシング症候群は高齢の犬に多く見られる病気で、副腎皮質ホルモンの過剰分泌によって発症します。

水を多く飲むようになったり、食欲が増したり、お腹が膨れてきた場合は注意が必要です。

尿崩症とはオシッコの量が多くなり、大量の水分を摂取しないと、すぐに脱水症状になってしまう病気のことです。

抗利尿ホルモンの分泌が乱れてしまうことが原因で発症するといわれています。

慢性腎不全は腎機能が低下する病気で、排尿回数が増えてしまうので、それを補うために大量の水分を摂取するようになるのです。

※ご注意を※
最新の「保険の対象の病気」は、PS保険へ資料請求して確認してくださいね。

トイプードルの保険
⇒ トップページに戻ってPS保険の資料を【無料】でもらう