咳をする時はどんな病気を疑えばいい?

犬が咳をする場合、病気の可能性があります。

では、具体的にどのような病気が考えられるのでしょうか?

咳をする時に考えられる病気は、以下の通りです。
  • ケンネルコフ
  • 気管支炎
  • 気管虚脱
乾いた咳をする場合には、ケンネルコフの可能性があります。

ケンネルコフとは、色々なウイルスに感染することによって発症する病気です。

免疫力の低い犬がなりやすく、子犬や老犬は命を落とすこともあります。

ただし、事前にワクチン接種をしていれば、予防することができるでしょう。

乾いた咳や発熱といった症状がある場合は、気管支炎の可能性を疑ってください。

気管支炎は、気管支にウイルスや細菌などが感染して、炎症を起こすことによって起こります。

そのまま放置してしまうと、肺炎になる危険があるので、注意しないといけません。

咳や呼吸困難といった症状が起きるのなら、気管虚脱の疑いがあります。

気管虚脱は小型犬や老犬がなりやすく、空気の通り道が狭まることで起こります。

気管支炎を併発する危険があるので、早めに治療を行うようにしましょう。

※ご注意を※
最新の「保険の対象の病気」は、PS保険へ資料請求して確認してくださいね。
条件が見直しされていることがあるので。

トイプードルの保険
⇒ トップページに戻ってPS保険の資料を【無料】でもらう