トイプードルの皮膚病にはどんなものがあるの?

トイプードルというよりも犬の皮膚病は、以下の通りです。
  • 脱毛症
  • 膿皮症
  • 脂ろう症
  • 寄生虫やカビによるもの
  • アレルギーによるもの
  • ホルモン異常によるもの
皮膚病として特に多いのが、脱毛症、膿皮症、脂ろう症の3つでしょう。

脱毛症は、毛が極端に抜け落ちてしまう症状で、膿皮症は皮膚の化膿によって痒くなる症状のことです。

脂ろう症は、皮脂が過剰に分泌されて、ベタベタする症状のことをいいます。

寄生虫やカビによる皮膚病は、ノミが原因で痒くなるノミアレルギー性皮膚炎、ダニが原因で発症する毛包虫症や疥癬、カビが原因で皮膚炎を起こすマラセチアなどが代表的でしょう。

アレルギーによる皮膚病とは、酷い痒みを伴うアトピー性皮膚炎、食べ物が原因で発症する食餌性アレルギー、免疫異常によって起こる自己免疫性アレルギーといったものです。

ホルモン異常による皮膚病としては、抜け毛が増える内分泌性皮膚疾患、脱毛後にその部分が黒くなる甲状腺ホルモン異常などがあります。

何か皮膚に異常がある場合は、すぐに病院に連れていきましょう。

※ご注意を※
最新の「保険の対象の病気」は、PS保険へ資料請求して確認してくださいね。
条件が見直しされていることがあるので。

トイプードルの保険
⇒ トップページに戻ってPS保険の資料を【無料】でもらう