トイプードルも糖尿病になるって本当?

こちらもトイプードル特有の話ではなく犬全体の話ですが、
犬も人間のように糖尿病になることがあるのでしょうか?

結論からいうと犬も糖尿病になります。

糖尿病とはインスリンの働きが低下して、血液中の糖濃度が高くなる病気のことです。

犬が糖尿病になると水を大量に飲むようになったり、食欲が増したり、体重が急激に減少します。

また、おしっこの回数が増えたり、腹部がふくれることもあるので、こういった症状が見られる場合は病院に行った方がいいでしょう。

犬の糖尿病は以下のようなことが原因で起こります。
  • 早食い
  • 食べ過ぎ
  • 肥満
  • 遺伝
早食いや食べ過ぎの犬は糖尿病になりやすいので注意しましょう。

人間と同じように肥満の犬も糖尿病になる可能性が高いですし、遺伝も大きく関係しています。

犬の糖尿病を予防するには食事管理と運動管理がポイントになります。

肥満にならないように食事量を考えてご飯を与え、散歩をして日頃から体を動かすようにしてください。

そうすることによって糖尿病を効果的に防ぐことができます。

※ご注意を※
最新の「保険の対象の病気」は、PS保険へ資料請求して確認してくださいね。
条件が見直しされていることがあるので。

トイプードルの保険
⇒ トップページに戻ってPS保険の資料を【無料】でもらう