犬も歯槽膿漏になるの?

歯槽膿漏というと人間がなるイメージが強いですが、犬もなるのでしょうか?

結論からいうと犬も歯槽膿漏になります。

歯槽膿漏とは歯と歯肉の間から膿が排出されている状態をいいます。

犬も人間と同じように歯の病気にかかることがあるので、歯を定期的にチェックしてください。

歯槽膿漏になるとご飯を食べると歯に痛みを感じるため、食欲不振に陥ったり、食べても飲み込まずに吐き出すことがあります。

さらに歯槽膿漏が悪化した場合、細菌が全身に回ってしまって、他の病気を引き起こす可能性もあるので早めに治療をしましょう。

歯槽膿漏にならないためにも子犬の頃から歯のケアをしっかりと行うことが大切です。

犬用の歯ブラシが売っているので、それで磨いてあげると歯槽膿漏はもちろん、虫歯や歯肉炎といった歯の病気全般を予防できます。

ただ、その時に人間が使用している歯磨き粉は使用してはいけません。

どうやって磨いたらいいのか分からない場合はお近くの動物病院に行って相談されてください。

※ご注意を※
最新の「保険の対象の病気」は、PS保険へ資料請求して確認してくださいね。
条件が見直しされていることがあるので。

トイプードルの保険
⇒ トップページに戻ってPS保険の資料を【無料】でもらう