しこりがあるのってガンなの?

愛犬を撫でていて、しこりがあるのを感じた場合は、念のために動物病院で診てもらった方が良いかもしれません。

なぜなら、しこりがある場合、ガンの可能性があるからです。

しこりがあるからといって絶対にガンということではありませんが、可能性があるので、そのまま放置してしまうのは止めてください。

ガンが進行してしまうと、治療が手遅れになり、命を落とす危険があります。

ガンの場合、早期発見・早期治療が非常に重要なので、日頃からスキンシップがてら注意深く確認してください。

特に高齢の犬は、しこりができることが多いです。

もし、皮膚の表面にしこりがある場合は、皮脂腺ガンや脂肪腫、脂肪肉腫、乳頭腫、黒色腫、肥満細胞腫、扁平上皮ガンの可能性があります。

これらのうち、皮脂腺ガンや脂肪肉腫、黒色腫、扁平上皮ガンは悪性で、他のものは良性だと思ってください。

リンパ節にしこりがある場合は、悪性リンパ腫という血液のガンの疑いがあります。

それに、乳房にしこりがある場合、乳腺炎や乳腺腫瘍の可能性がありますから、早く病院に連れていきましょう。


※ご注意を※
条件が見直しされていることがあるので、最新の「保険の対象の病気」は、PS保険へ資料請求して確認してくださいね。

トイプードルの保険
⇒ トップページに戻ってPS保険の資料を【無料】でもらう