フィラリアってどんな病気?

フィラリアとは犬糸状虫と呼ばれる虫が犬の心臓や肺に寄生して、
健康状態に支障をきたす病気です。

虫に寄生されてもすぐには体調に変化が起こることはなく、
何年もかけて心臓や肺の血管をボロボロにします。

そのため、気付いた時には既に症状が出ている状態というケースが多いです。

そして、フィラリアの犬の血液を吸った蚊が他の犬の血液を吸うことによってどんどん広がっていきます。

成熟した犬糸状虫はそうめんのような形をしており、15〜30センチ程度の長さです。

フィラリアに寄生されると以下のような症状が現れます。
  • 元気がない
  • 欲不振
  • お腹のふくらみ
  • 血尿
  • 失神
寄生されると、ぜーぜーという咳をしたり、いつもよりも元気がなくなります。

さらに食欲がなくなったり、お腹が大きくなったり、尿に血液が混じることもありますし、場合によっては失神することもあるので、早めに治療を受けないといけません。

このような症状が見られる場合は早めに動物病院に連れていきましょう。

※ご注意を※
最新の「保険の対象の病気」は、PS保険へ資料請求して確認してくださいね。
条件が見直しされていることがあるので。

トイプードルの保険
⇒ トップページに戻ってPS保険の資料を【無料】でもらう